<address id="nltpv"></address>

<sub id="nltpv"></sub>

<sub id="nltpv"></sub>
<address id="nltpv"></address>

    <sub id="nltpv"></sub>

    <sub id="nltpv"></sub>
    <sub id="nltpv"></sub><sub id="nltpv"></sub>

    <thead id="nltpv"></thead>
    現在の位置 : トップページ > ニュース > グループニュース

    ニュース

    ×

    グループニュース

    中國の建築材料グループはまた國家科學技術の進歩を得て一等賞を獲得した

    いちはち日午前、中共中央、國務院の北京で開催されて國家科學技術奨勵大會、黨と國家の指導者は習近平、李克強、張高麗大會に出席し、王滬寧受賞代表授賞。中國の建材グループ傘下の中の復神鷹炭素繊維有限責任會社申告「干濕式紡績千トン高い/ 100トン級炭素繊維産業化の重要な技術と応用」プロジェクトは、國家の科學技術進歩の一等賞。これも2000新世紀以來、2006年「薄型フロート板ガラスセット技術と重要設備電子ガラスの工業生産開発応用」プロジェクトと2001年「ガラス繊維タンク窯曳糸技術と裝備開発」プロジェクト後、グループの第3回獲得進歩一等賞。中國の建材総院申告の「建築ガラス服役リスク検出と信頼性の評価の肝心な技術設備及び応用」プロジェクトも同時に國の科學技術の進歩の二等を獲得する。

    (左一等賞受賞項目第一成人、中復神鷹炭素繊維會社會長の張國良一等賞受賞項目、左第二成人、中國複合材料グループ株式會社會長の手付金


    炭素繊維は國家安全保障、武器裝備の緊急の重要な戦略物資は、海外長期技術や製品敏感な材料を獨占封鎖。中國の建築材料グループは、ガラス繊維や複合材料を開発する國家責任を擔っており、新世紀の初めに、炭素繊維を企業として新たな材料分野での登頂プロジェクトとしている。2007年、炭素繊維業務に進出する機會が來ました。中國の建材グループと連雲港のある企業がコンドル炭素繊維會社と協力して、そしてこの企業は中國建材グループ改名中復コンドル。加入中國建材グループの中復神鷹久しぶりの慈雨、十數年間、中國の建材グループの目標を決め、たゆまぬ、炭素繊維の発展育てて新しい材料グループの戦略的計畫の中で、続いて資金、技術、管理、人材などの支持を支える企業が苦境に愚癡は去年に笑顔は今年、前へ向かって、一歩一歩突破の肝心な技術、大規?;?/span>と産業に成功。



          「干濕式紡績千トン高い/ 100トン級炭素繊維産業化の重要な技術と応用」プロジェクトに立腳して自主的創造革新攻略しました、次々濕式紡績炭素繊維の核心技術の難題に建設した國內の完全自主知的所有権を持つ年間5000トン濕式紡績炭素繊維千トンに強いT 700 / 100トン級)T800碳纖生産ライン、一連の重大な科學技術の成果を得た。革新的な開発は、大容量の重合均質原液作製技術、ため炭素繊維強化/原糸濕式紡績の肝心な技術、自主開発したパン繊維高速均質プリ酸化、炭化集積技術構築し、初の獨自の財産権濕式紡績千トン高い/ 100トン級金型炭素繊維産業化生産システム。このプロジェクトを埋めた國內濕式紡績炭素繊維の生産技術の空白を備え、炭素繊維裝備自主製造能力を高めたわが國の炭素繊維産業全體の技術と産業化のレベル、成功へと炭素繊維産業グローバルハイエンド領域。プロジェクト取得濕式紡績炭素繊維前駆の肝心な技術、急速にプリ酸化技術とセットの技術革新成果キー裝備など、より強度の高いT1000級以上炭素繊維の開発及び工事化の基礎を打ち立てました。


    (右等賞項目リード人、中國建材総院國検グループのチーフ科學者包亦望博士)



    建築ガラス服役リスク検出と信頼性の評価の肝心な技術設備及び応用開発」プロジェクト十余年、理論からモデル導出試験方法創立専用設備開発標準規範制定普及応用のチェーン革新し、開発した光弾強化ガラス自爆自動検出技術及び設備を発明したダイナミック比較」の検出と予測建築ガラスカーテンウォール墜落リスク、たわみ比較法検出ペアガラス構造の安全問題ガラスカーテンウォール安全検査ロボットシステムを実現する、上空の自動検出。プロジェクトを開発し合って歐標アメリカンペアガラス安全要求シリーズ検出デバイスは、力強い推進わが國ペアガラスの品質や國際レベルアップ。このプロジェクトの成果を応用して國內外の建築ガラスカーテンウォールの検出を促したカーテンウォールガラス建築分野の検出技術標準化具現し、サービス業や建設公共安全公益向上に我が國の建築ガラス使用を下げて、安全性、安全事故に重要な現実的な意義。


    2001年にから開かれる科學技術奨勵大會以來、中國建材グループは國家科學技術進歩の一等賞を獲得してさん、二等賞23項目技術、國家発明二等賞を獲得しろく、參加國の科學技術の進歩の特等賞いち。